top
第27回 出張工房 みつろうキャンドル作り ワークショップのおはなし
d0204413_151795.jpg


この夏最後と(一応)言われる猛暑日のピークの今日、
第27回 出張工房 みつろうキャンドル作りのワークショップに
参加しました。教えてくださったのは、以前にも
セメントマグネットアートでお世話になった、
on!y!va!のモリナガさん
今回はどんなワクワクを見せて下さるんだろう?と
思っていると、テーブルの上には既に、
「これって、キャンドルのワークショップなの?」と
思わずには居られない、色とりどりの素材、それから
毎度おなじみの金属部品の数々。。。。
もう一気に「モリナガワールド」に引き込まれてしまいました。


まるでスイーツのようなキャンドルや、どこか別の星から来たの?
と言いたくなるような、不思議な不思議な、ゆる~い顔、形の
キューブのキャンドルがこちらに何か話しかけた気に見つめています。
迷った末に、キューブ型のキャンドルを作ることに決めました。

d0204413_1512674.jpg



みつろうを、のんびり、のんびり溶かしてゆき、
それをシリコンのモールドに流し込みます。

「20分くらいで固まりますよ~」と
モリナガさんが言うので、その間は予め色をつけてある
ミツロウをコネコネしながら、好きなものを童心に返って
作りました。
私は、「腹ペコ青虫」の青虫君にトライ!
この自由な雰囲気は、前回のセメントアートの時と同じ!
モリナガさんは人の心を自由に遊ばせてくれる、
そんなパワーを持った方なのです。

d0204413_152057.jpg


待つこと、数十分。
美しい金色だったみつろうが、カスタードクリームのような
不透明な黄色に変わって、待ちに待った型出しです。

底を指で押すと、「ぽこん!」とキャンドルが飛び出して来ました。
その様が、何とも言えず、可愛らしいこと。

そして、あら熱が取れた後、お楽しみの顔の表情の作成です。
普段、普通に生活をしていたら、触れることもないであろう
金属部品たちが、ここで一気にその個性を発揮!!
1つとして同じではない、不思議な不思議な
みつろうキャンドルがここに誕生したのでした。


眺めているだけで、「可愛いー」「ほのぼのするー」の
キャンドルですが、これが火を灯すとまた少し雰囲気が変化しました。
ちょっと哀愁を帯びてムーデイーな感じ。

「この、二面性がいいんですよね!」とモリナガさん。
私も大いに頷きます。
「こう言う男の人、好きかもー!」と言う私に、
「だって、理想ですよー。意外な二面性!」とほしのさんも賛成。

何時までも皆で、キャンドルの炎の揺らぎを見つめていました。
[PR]
# by sakkanozakka | 2010-09-11 13:54
第26回 出張工房「カラーワークショップ 会」のおはなし 
d0204413_15362.jpg


本日お盆休暇目前の土曜日。
Sakka no Zakkaではこれまでとは少し異色の第26回出張工房
佐々木染子先生による「カラーワークショップ 会」が開催されました。

何が異色なのか?と言えば、先ず小物などをはじめとした
所謂「モノ作り」ではないこと。
それから、「新しい自分に出会えるかも知れません。」なんて
ちょっぴりドキドキするような言葉がご案内のチラシに書いてある!!
持ち物は、ハサミ。
もう、ワクワクは最高潮!お店の扉を開けました。
お店の中からは、シンセサイザーでアレンジされた
ヒーリングミュージックが流れてくる。
いつもの"のんびりゆるゆる"のお店のBGMとは違います。
それだけでも、何がこれから起きるのかしら?と
期待が膨らんで行きます。

そして先ず目を引いたのがテーブルの上に山のように積まれた
毛糸!それも色とりどりの!
けれど、どうやら編む・・・のでは無さそう。
じゃ、一体どうやって毛糸を使うのかしら?
メンバーが揃ったところでいよいよワークショップが始まりました。

d0204413_1533099.jpg


いつかこのワークショップをどこかで受ける方の為に
詳細はここでは述べませんが、
自分にご縁が深い数字を選び、毛糸を決まった法則通りに
切込みを入れた紙皿に巻きつけて行きます。
全員、夢中・・・。
同じ動作を何度か繰り返し、自分が「これでOK!」と
思った時点で完成!
出来上がった作品をテーブルの上に置き、自分以外のメンバーの
作品と見比べます。

「こんなにもそれぞれが違うの!?」

全員から感嘆の声が零れます。


「今のご自身の内面がここに投影されているんですよ。」

佐々木先生の言葉に
「ほ~」とか「へ~」とか感心するばかりの参加者の皆さん。

d0204413_1534845.jpg


全て偶然から導き出された図形であるのに、
そこには隠れた様々なメッセージがあると言うのです。

例えば、輪郭が美しく縁取られた方は、とても確かなビジョンを
お持ちの方であったり、現在、ネットワーク作りや人とのご縁に
深く献身されている方の図柄は☆型が美しく張り巡らされていたり・・。


「時を空けて再度挑戦してみると、また全然違った
模様に出会えますよ!」

佐々木先生の言葉に一同また「へ~~!」。


今日のワークショップでもう1つとても興味深かった出来事は
集まったメンバーに、様々なシンクロニシテイが起きていたこと。

例えば、ある方のお母様の名前が私の名前とご一緒だったり、
隣り合った人同士の図形がどこか似ていたり・・。
先生曰く、「よくあることです。」とのこと。
不思議です!

午後の会の皆さんはどんな不思議な出来事があったのでしょうか?
ぜひぜひ、知りたいです!

ワークショップに参加された皆様。
今日はお疲れ様でした。

今日の体験を是非こちらでシェアしませんか?
ご自身が作った模様、体験談等、こちらで募集します!
お気軽にコメント、お写真UPして下さいね!


それから、佐々木先生、素晴らしい時間をありがとうございました!
[PR]
# by sakkanozakka | 2010-08-07 13:52
第25回 出張工房 巽紀子Tシャツ展のおはなし
d0204413_1542094.jpg


猛暑ここに極まる!の土曜日の昼下がり、
第25回 出張工房 巽紀子Tシャツ展にお邪魔して来ました。

お店の軒先にはほのぼの可愛い巽紀子さんのイラストが描かれた
Tシャツが風にゆらゆら・・・
リクエストに答えてTシャツにイラストを描き入れてくれるとのこと、
これは楽しみ!!

お店に入ると既に黒山の人だかり。
テーブルを囲んで静かに固唾を呑む人たちで
溢れかえってるじゃありませんか。
でも、あれ?大勢人が居るのに、
いつもの出張工房の時の賑やかなお店の雰囲気と何かが違う・・
どうしてかしら?と思っていると、理由が判明!

お客様のご要望にお応えしようと、
「うーん、うーん」と頭を捻る作家さん
巽紀子さん、書家の三木さんの真剣な姿がそこにはありました。
それをお客様が見守っていたのです。

d0204413_1544486.jpg


テーブルを覗き込むと、
「飼い猫に留守をまかせて盆踊り」
と言う粋な俳句が書かれた鮮やかなオレンジ色のTシャツが
目に飛び込んで来ました。
そこに今、まさに、巽紀子さんが「猫」のイラストを
描こうとしているところ。
「はい、出来ました!」
そこには、既に文字と言う枠を超えた三木さんの
アートな言霊とゆるっと可愛らしい猫のコラボが
溶け合った、お洒落なTシャツが誕生してます。
依頼主さんはおじ様が詠まれた俳句をTシャツに入れて
プレゼントしたい、と言うことでした。


次のお客様は「自分の会社の名前を入れて下さい」と言うご依頼でした。
一番左の写真をご覧頂くと分かると思いますが、
中央に描かれたリスちゃんが、同じTシャツを着ているのです!
つまり、ごく狭いスペースに文字入れとイラストを入れなければ
なりません。
巽紀子さんと三木さんの神業のような作業を皆で見守ります。
そして無事に作品は完成。
依頼主さんも本当に嬉しそうでした。

d0204413_155137.jpg


「世界でたった1つ」の何かを手にした方たちって
どうしてこんなにも良い表情をするんでしょう!

そして、異なるタレントを持ち合わせた作家さん同士が
新たに1つの作品を生み出すコラボレーションと言う魔法、その魅力。

おふたりの優しさが詰まったこのTシャツは
それを見た周りの人を幸せにするのだろうなーと感じました。

「これでプレゼン行ったらプレゼンにならないかもね?」
そう、依頼主さんは笑っていましたが、
まあ、それも良いではありませんか!
とにかく、そこは幸せオーラで一杯なのですから。。
[PR]
# by sakkanozakka | 2010-07-24 13:48
第24回 出張工房 「気まぐれシュシュ」ワークショップのおはなし
d0204413_1554272.jpg


一足早く梅雨が明けた東京。
キラキラの青空の下。
今日は、ずっと楽しみにしていたumumさん主催の
「気まぐれシュシュ」のワークショップに参加して来ました。


「気まぐれシュシュ」とは、すなわち・・・
予め作成し用意して下さっているリネン生地などのシュシュに
アンテイークのボタン、レース、ビーズなどを
それこそ文字通り「気まぐれ」に気の済むまで、
留め置いてゆく、と言う乙女ちっく街道まっしぐらの、
ドリーム・ワーク!

ショップの中でも、「繊細さ」、「淡儚さ」が際立つ作風の
umumさん。
実はワークショップは初めてとのことでしたが、
創りながら彼女の口から語られる作品に対する思い、世界は、
あの「繊細」な作品からは想像も出来ないくらい、
大胆であったり、冒険心に満ち溢れたものばかり。
ゆるっと可愛い乙女魂。それだけじゃありませ~ん!と言う
子気味好さに溢れていました。


リネンのシュシュに、大きな針でザクザクっと
可愛らしいリボンを刺して行きます。
え?こんなにアトランダムでいいの?と
最初思ったのですが、みるみるそこには
夢の中のような世界が・・・・。

d0204413_156462.jpg



最初に目に入ったのが、白い鳥のアンテイークビーズ。
「この子を中心に!」
私の頭の中にはみるみる物語が広がって行きます。
そして、作品のタイトルがいつしか生まれていました。


「鳥さんパラダイス」!!

d0204413_1562498.jpg



え?今、ポチ丸君、笑ったでしょう?
でもね、心を自由にして何かを創るって、
本当に、本当に気持ちがいいんだよ♪

ぜひ、あなたも、あなたにしか表現出来ないシュシュを
umumさんと一緒に作ってみませんか?


ワークショップの他にも、
不思議の国のアリスになれちゃいそうな
可愛らしいアクセサリーや、モチーフに出逢えますよ!
[PR]
# by sakkanozakka | 2010-07-16 13:51
「かぎ針編みでつくるピアス&ヘアピン」ワークショップのおはなし
d0204413_157185.jpg


もう出張工房ではすっかりお馴染みの
「shuu工房」 中山志保さんによる
「かぎ針編みでつくるピアス&ヘアピン」のワークショップに
参加しました。

天気予報では本日は「雨」。
が、しかし、お店の机に並べられた
小さな"さくらんぼ"と"お花"のモチーフを見た瞬間、
私のテンションは一気に急上昇!
それと共に、空一面に垂れ込めていた雲も
ふぅ~っとどこかに消え、キラキラした初夏の光が
お店の中まで降って来ました。

可愛らしい猫とウサギの編みぐるみがお出迎え。
ふふ、こんにちは!

d0204413_1571868.jpg


この2種類のモチーフを、イヤリング、ピアス、またはヘアピンに
加工することが出来るのですが、私はイヤリングを選びました。


もう言わずもがなですが、中山さんの選ぶ糸は
モチーフの持ち味を最大限に引き出してくれる
チョイスとなっています。

さくらんぼモチーフに使用している赤い糸は
シルクを使っていますが、少しザラ感のある風合い。
そしてお花に使用している糸は、よーく見ると
モヘアが混ざっていて、糸を詰めた時、
ふっくらと綻ぶような演出をしてくれるのです。

今回の作業はかなりの細かさが要求されたのですが、
掌の中で、ちょっとづつ仕上がっていくモチーフの
愛しさったらありません!

それから編み物の良さは、「あれ?」と思ったら
直ぐに解いて元に戻せること。

ほしのさん、「もとい!」と何度言っていたかしら?
そんな私も4,5回は振り出しに。。。(笑)
でもでも、それさえも楽しいのです!
きっと1人で編んでいたらくじけてしまっていたかも知れませんが
傍に中山先生が居て下さるってホント、心強い!

d0204413_1573944.jpg



イヤリングパーツの処理だけを中山さんにして頂き、
葉っぱとお花を繋ぐところからは自宅で最終作業。


「やった~、完成!」と浮かれていそいそとイヤリングを
耳に着けて、鏡に向かうと、ん?あれ?

何と、何と、葉っぱを同じ側につけてしまったではありませんか!(涙)
これでは正面から見たときに、模様が左右対称になりません!(泣)

あー、この状況をポチ丸君に話したら
きっとワンワン大笑いされちゃうんだろうなぁ・・と、
思わず頭を小突く私なのでした。


皆さんは最後のパーツ仕上げ、気をつけましょうね!^^;
[PR]
# by sakkanozakka | 2010-06-19 13:49



国立の雑貨屋さん. SAKKA no ZAKKA公式ブログ
by サッカノザッカ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お店案内
お知らせ
今日のサッカノザッカ
ギャラリー
出張工房
ニットカフェ
アロマカフェ
tembo.の洋裁教室
素敵な作家の皆様へ
Link
SAKKA no ZAKKA
にほんブログ村 国立情報
人気ブログランキング
ファイブ ブログランキング
おはなし工房はリンクフリーです♪Blogをお持ちの当店作家さんからのリンクも大歓迎です!

SAKKA no ZAKKA

Facebookページも宣伝
Twitter
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 04月