top
第52回 出張工房 Corme「Boots Anklet」展(予告)
d0204413_13203065.gif


11/23(水)~11月26日(土)11:00-17:00


お気に入りのチャーム、アンティークボタン・・・
編みつなげることでアクセサリに早変わり!
Corme(コーム)の新作、ブーツアンクレットを出張工房で発表します。

当日はお気に入りのブーツをぜひ履いてお越し下さい。
お持ちのブーツにぴったりのアンクレットをその場で製作いたします!

大好きなブーツに、ちょこっと着けて。
階段を上がるとき、ちょっと自慢げになりますよ♪


期間中、ご希望の方は、ご自分で体験製作も可能です。
お好きなパーツと素材、カラーを選んでLet's try!
一緒にmyブーツアンクレットを作りましょう。

※このワークショップは予約不要です。飛び込み大歓迎です!
[PR]
# by sakkanozakka | 2011-11-15 12:01
第51回 出張工房「のびねこフェア」 (予 告)
d0204413_1312508.jpg


11/14(月)~11月19日(土)まで


京都の人気ねこ雑貨店「のび工房」さんの新刊本発売を記念して、
可愛いねこ雑貨を取り揃えた「のびねこフェア」を開催することとなりました。

バッグ、フェルト作品、アクセサリー、カレンダー、本などなど・・・
ねこ好きさんにはたまりませんよ!
これから少しずつ寒くなって、ちょっぴり人恋しい季節・・・
一緒にひなたぼっこをしてくれそうな、お気に入りの一匹を見つけに来ませんか?

のび工房さんの詳細はこちら

京都のフェルト作家西村美紀さんのねこ作品もたくさんやってきますよ!
西村さんファンの方、お楽しみに!
[PR]
# by sakkanozakka | 2011-11-10 12:04
第50回出張工房&ワークショップ 「手づくり石けん沙羅&shuu工房コラボ企画」のおはなし
d0204413_16395852.jpg


 ひんやりとした空気が、昼間の温さの中にも時折感じられるようになり、
冬の訪れが近いことを知らせてくれています。
SAKKA no ZAKKA店内にも、可愛らしい冬小物たちが並び始めました。

本日、9日水曜日から11日金曜日までは、
もうすっかり、出張工房ではお馴染みとなった、shuu工房の中山志保先生を御迎えし、
手作りハンガー、シュシュ、ハンドウオーマー等、先生の作品が掲載されている本から
1点を選んでのワークショップが開催されています。
(次回の先生の在店は11日金曜日のみです)

d0204413_16401691.jpg


使用しているハンガーはナチュラル・キッチンさんの木製ハンガー。
そこに、編み物初心者の方でも、最小限のテクニックで無理なく完成させられる、
可愛いらしいカバーを、先生の指導の元、編んで行きます。
ブテイック社から発売されている本ですが、今回ワークショップにご参加頂けますと、
ワーク代、本代も含めて3000円と200円程お得になっております。

d0204413_16403229.jpg


 また、今回は"コラボ企画"と言うことで、もうおひとり、手作り石鹸・化粧品の講師としても
活躍されて居られる沙羅先生をお招きしております。
今回、工房では「手作りミネラルファンデーション」若しくは「化粧水」をお作り頂けます。

d0204413_16404342.jpg


これらの石鹸は全て、「コールドプロセス法」と言う、酸とアルカリの反応を通して、
生み出されるものです。石鹸を手作りして居られる方は、よくご存知かと思うのですが、
その制作過程たるや、「化学」の世界を抜きにしては語れません。
元々自分は文系だと思っていた沙羅さん。
石鹸作りなどを始められてからは、ご自身の中に化学等の理系分野を楽しい!と感じる、
新しい自分を発見したそうです。
1つの質問に対し、とても論理的でスマートな展開をされる辺り、
既にその片鱗が垣間見られます。
これから益々、新しい世界を勉強し、極めて行かれるのでしょうね!楽しみです。


d0204413_16405796.jpg


 さて、沙羅先生が、テーブルにすり鉢や見たこともない数種の粉を並べ始めている頃、
反対側の中山先生のテーブルでは、
自称「編み物落第生」と言うMさんが、モコモコしたウサギを思わせるような毛糸を使って
手作りシュシュを編み始めていました。
確かに、以前、「私、編み物だけは駄目なんだよね~」とぼやいているのを
聞いた事があったような・・・。

d0204413_16411422.jpg


でも、そんなMさんと同じ不安を抱えている方でも、どうかご安心を!
中山先生は作家さんと言う立場のみならず、「教える」と言う点でもプロ。
「なんか、変だな・・・」と思っていると、すかさず、「あ、そこは・・・」と、
絶妙なタイミングで軌道修正をして下さいます。

そして、1時間半程経過した頃、「出来た~!」と
Mさんから達成感の喜びの声が上がりました!

早速、頭のトップのおだんごにシュシュを飾って見ます。
これから年末にかけてのパーテイーの季節にぴったりのシュシュが完成しました。

このシュシュ。
元々毛羽の多い糸を使っているので、とても凝っているように見えますが、
"長編み"と"くさり編み"の単純な繰り返しだけなんですよ!

d0204413_16413762.jpg


 Mさんが、完成の喜びに浸っている頃、
沙羅さんのテーブルでは、「ミネラルファンデーション」とは何か、
の解説が始まっていました。

最近、「ミネラルファンデーション」と言う言葉を、多く、耳にするようになりました。
化粧品などに比較的疎い私ですら知っていると言うことは、巷においては、
相当に話題性の高い代物なのでしょう。

「一口にミネラルファンデーションと言っても、
ミネラル"も"、入っているファンデーションと、
ミネラル"だけ"のファンデーションがあるのをご存知ですか?」

沙羅先生のこの質問の意図が直ぐには飲み込めず、ぽかんとしていると、

「今日、作るのは、ミネラル"だけ"のファンデーションです!」と、きっぱり。

つまり、こうです。

ファンデーションのベースになっているのは、「セリサイト」と言う鉱物。
市販のファンデーションなどにも含まれている白色で無臭の粉末原料です。
「セリサイト」は表面が絹糸の光沢を持つことから「絹雲母」とも呼ばれています。
粒子は非常に細かく、指で擦るとサラサラと零れて行きます。
そこに、天然鉱物である酸化鉄(赤・黄色・黒)をその人の肌色に合うトーンに
なるまで調整し、ツヤを出す為に、これまた天然のパールである「マイカ」を
贅沢に、お好みの量まで加える事が出来るのです。
しかし、一番の贅沢は、これらの成分は全て天然である為、肌を酸化させたり、
石油化学化合物質に晒すことも一切なく、肌への負担がないと言うことです。


そして、あまり詳しいことを敢えて申し上げられませんが、
一般的な量販されている化粧品原価と、今回、私たちが作った手作りファンデーションの
原価を伺って、愕然としてしまいました。

またまた考えさせられます。
モノの価値。真実の価値。

d0204413_16415596.jpg


私も自分用に1つ作成し、試しに顔に軽く乗せてみました。
素材が"医療用"だと言うのは、使ってみて一目瞭然。
顔の表面にサラサラと軽く回しつけただけなのに、肌の質感が日ごろ
使っている品とはまるで違うのです。肌を触って見るとすべすべ。
でも、何もつけていないみたい。なんだか、とても、不思議。

一緒に作った方のファンデーションと自分の色味を比べて見たのですが、
似ているようで、個人、個人、違うものですね。

参加されたお客様も、ファンデーションをつけた瞬間、
「全然、肌が違います~!」ととても嬉しそうでした。

d0204413_1642721.jpg


 中山先生の作品は、ワークショップの作品以外にも、女性らしい色味の帽子、
何通りにもアレンジが出来るボレロ風カーデイガン、パーテイーの装いにぴったりな、
大人可愛いリボンのカチューシャ、ゴムなど、店内に沢山ございます。
お気に入りの冬小物、ぜひ、見つけに来て下さい!


 そして、編み物好きな皆さんへ、ちょっと早いですが、楽しいお知らせがございます。
来年から、SAKKA no ZAKKAでは、月に1度、「ニットカフェ」を開催することに
なりました。出張工房でお馴染みの先生方をお招きし、
作りたい物をあなたのペースで、また、大好きな先生の作品をご一緒に・・・
そんな人と人とが繋がる、自由な空間をご提供出来るよう、ただ今準備中です!
もちろん、中山先生もお招きする予定でおります。

 今回、参加を逃してしまった方も、来年からのSAKKA no ZAKKAニット・カフェを
ぜひ、ご期待下さい!
また詳細が決まり次第、お店のHP、またこちらでもお知らせしたいと思っています。


 中山先生と沙羅先生の次回の来店は11日金曜日です。


*shuu工房ワークショップ 
〈時 程〉①10:30-12:30(定員4名)
      ②14:00-16:00(定員4名)
〈講 師〉中山志保
〈費 用〉3000円(材料費込、お茶付)
*今回アイテムが掲載されている本をお付けして3000円での受講が出来ます。
ワークショップのみの受講の方は2200円となります。
発売本は990円となりますので、約200円程お得!!
是非沢山の方のご参加をお待ちしています。

*手づくり石けん沙羅ワークショップ
〈時 程〉10:00-16:00(定員3~4名)一時間毎の予約制
〈講 師〉沙羅
〈費 用〉1000円(材料費込、お茶付)

※お申し込みは①氏名②連絡先③ご希望の時間帯を
 tel042-505-5323又はメールでお知らせ下さい。
[PR]
# by sakkanozakka | 2011-11-10 12:03
第50回出張工房&ワークショップ 「手づくり石けん沙羅&shuu工房コラボ企画」予告
d0204413_1852612.gif


大人可愛い作風で大人気のニット作家、shuu工房の中山志保さんと、
趣深いアートのような石けんを作られる石けん作家の沙羅さんとの
夢のコラボが実現しました。内面も外面も楽しみながら磨いちゃいましょう! 

ワークショップは11月9日と11日のみです。


*shuu工房ワークショップ 
〈時 程〉①10:30-12:30(定員4名)
      ②14:00-16:00(定員4名)
〈講 師〉中山志保
〈費 用〉3000円(材料費込、お茶付)
*今回アイテムが掲載されている本をお付けして3000円での受講が出来ます。
ワークショップのみの受講の方は2200円となります。
発売本は990円となりますので、約200円程お得!!
是非沢山の方のご参加をお待ちしています。


*手づくり石けん沙羅ワークショップ
〈時 程〉10:00-16:00(定員3~4名)一時間毎の予約制
〈講 師〉沙羅
〈費 用〉1000円(材料費込、お茶付)


※お申し込みは①氏名②連絡先③ご希望の時間帯を
 tel042-505-5323又はメールでお知らせ下さい。
[PR]
# by sakkanozakka | 2011-11-04 13:18
第49回出張工房ワークショップ「~数字から配色へミステリー体験~」のおはなし
 11月3日、文化の日の今日。
国立は明日から始まる国立市民祭りで華やぎを見せております。
秋、たけなわ。
街は力強かった緑から、黄色、茜、朱と言った、温かな色味が差して来て、
油絵のような趣。想像力=創造力が刺激されます。
今日は、そんな今の季節に相応しいワークショップが、開催されました。
それは何かと申しますと・・・

d0204413_16264943.jpg


この紙皿の円盤。
覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
1年前の2010年、8月に開催された佐々木染子先生の「数字と色」を
テーマにしたカラーワークショップが大好評につき本日2度目の開催となりました。

先ず、この紙皿に16箇所、等分に切り込みをハサミで入れて行きます。

d0204413_16325388.jpg


次に、始点を決めて、"ある法則"を元に、糸を掛けて行くのですが・・・・
その"ある法則"に関しては、次回、このワークショップに参加される方の為、
敢えて、説明を伏せさせて頂きます。
皆さん、黙々と手を動かしつつも、その合間には、
「あ、数え間違えちゃった!」とか、「こんなことってあるんですか?」と驚愕の声が
聞こえたなあ、と思うと、「え~?!ふふふふ・・」と、お1人で笑みをこぼされたり・・
何だかとても楽しそう。

ひとまず、全員が1枚完成させた後、数字を変えて今度は2枚目に取り掛かります。
静かで密度の濃い時間が店内を包み込んでゆきます。

d0204413_16344443.jpg


2枚目の円盤を全員が作り終えた頃、染子先生の「そろそろ・・」の合図で
毎回、お楽しみの作品シェアの時間へとワークショップは移って行きます。

はじめに、Iさんの作品から。

「配色をダヴィンチのカラーにしたかったんですけど、
作ってる内に、何だか思ってるのと全然違った色を入れたくなってしまうんです。
2枚とも、4色目を選ぶことが、すごく緊張してしまって。
どうしても、余計なことしちゃうって言うのか・・
私、何故かいっつもそうなんですよね~。」

染子先生のワークショップは、ありがちなカラー診断や、カラーセラピーとは違い、
染子先生が「判断しない・分析しない」が毎回の特徴です。

「でも、それも、伊藤さんの中にあるモノじゃないですか?」とだけ、染子先生。

「なるほどね・・・あ、うん、ああ・・・そうかも・・・」

他の人には、まるで介入出来ない数秒間。
この"頷きの数秒間"こそが、今日作成した円盤以上のお土産になります。


d0204413_16353622.jpg


次は、Wさんの作品。
左の放射状の作品が1枚目です。

「家族の誕生日とその人のイメージで単純に毛糸を選んで、
出来上がる模様のことは全く考えずに作ったんです。
面白いなあ、と思ったのは、
中心から放射状に張られた糸の家族と、フチを囲んだ人との性格は
やっぱり似ているんですよね。可笑しくって・・」

確かに、暖色系と寒色系の毛糸が、はっきりと形状を異としているのが分かります。


「2枚目は、同じようにして、既にこの世に居ない祖父、祖母、ペットの
イメージと誕生日の数字で作りました。
糸が十字に張られて、空間が多く間取られたシンプルな形になったので驚いています」


Wさんは、1枚目と比較して、この「空間」を
「この世にはもう居ない存在だからかなあ・・」と、しみじみと呟きました。

ひょっとしたら、そうかもしれないし、そうでないのかも、知れません。
答えは、その人にしか、分からないのですから・・。


d0204413_16354697.jpg


こちらは、Iさんの作品。
温かで、どこか食欲を刺激される、美味しそうなプレートのようですが、
お話を伺って見て、納得です。


「クリスマスの日付と、今日の日付を元にして、巻いてみたんです。」

色使いもそうですが、そこに浮かび上がった模様は、
ツリーのてっぺんに輝く、星にも見えませんか?

「これ、クリスマスに飾ろうと思っています!」

そう仰るIさん、とても幸せそうなお顔をしていらっしゃいます。


d0204413_1636979.jpg


そして、染子先生は・・と言いますと・・・
なにやらフチにちょきちょきハサミを入れ始めました。
一体、どうなるのだろう?と眺めていると、ああ、これは・・まるで蓮の花のよう・・・。

「何度もこのワークショップをしているんですけど、
出来上がった作品に、こんなにも満足感を感じたのは
今日が始めてかもしれないです・・・。」

この頃、銅版画に興味をお持ちだと言う染子先生。
そこからのインスピレーションだったそうなのですが、
本当に、美しい作品ですね。

d0204413_16362496.jpg



掌の上の時空間の円盤を行ったり来たり・・・「数字」と言う切符を片手に、
時間旅行を楽しむようにして出来上がった、それぞれの色造形の世界。

テーブル一杯に広がった世界は、
まさに、数字と、色がとろけて、1つになった花畑のよう。
そしてそれらは、誰の心の宇宙にもきっと、美しく咲いているはず。
そう、思いませんか?
[PR]
# by sakkanozakka | 2011-11-04 13:18



国立の雑貨屋さん. SAKKA no ZAKKA公式ブログ
by サッカノザッカ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お店案内
お知らせ
今日のサッカノザッカ
ギャラリー
出張工房
ニットカフェ
アロマカフェ
tembo.の洋裁教室
素敵な作家の皆様へ
伊勢丹出展
Link
SAKKA no ZAKKA
にほんブログ村 国立情報
人気ブログランキング
ファイブ ブログランキング
おはなし工房はリンクフリーです♪Blogをお持ちの当店作家さんからのリンクも大歓迎です!

SAKKA no ZAKKA

Facebookページも宣伝
Twitter
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 04月