top
<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2月ニットカフェのおはなし
d0204413_16403113.jpg


今月、2回目となったニットカフェです。
1月のカフェが終了した直後から、早く2月が来ないかな~と、
スタッフ一同、及び参加者の皆様、うずうずしながら待っていました。

「そろそろ夏物を意識した作品を編み始めています・・」
と軽やかに手を動かされているのは、高際先生
編みかけの毛糸や小物類を入れたらぐっと可愛いくなりそうなコロンとしたかごバッグ。
いくつも並べてお部屋に飾ってみたいです。

d0204413_1640438.jpg


こちらも「夏」を意識した、太めの麻糸で編んだコースターです。
縁取りに用いた裂き布がとっても涼しげ。
外は極寒なのに、冷たいレモネードなんかが飲みたくなってきました。

d0204413_16405679.jpg


高際先生と先生の作品のファンと仰るお客様。
この日は遠方からわざわざ国立までお越し下さいました。ありがとうございます。

d0204413_16412898.jpg


編んで居られるのは、ご自身でお持込のモチーフキット。
精巧なモチーフ(確か、100枚以上はあったような・・)を1つ1つ編んでは繋いで行きます。
完成した作品をぜひぜひ拝見させてくださいね!

d0204413_16414340.jpg


そして私、以前からお店の商品の中でとても可愛らしくて目を引いていた
被り姿の美しいベレー帽を、作者の先生に我がまま言って教えて頂きました。
(こんなオーダーもあり、ですよ!)
帽子は初心者でしたが、言われるがままに編んでみたところ、たったの2日で完成です!
欲しかったベレー帽を買わずに自分で作れたなんて・・
(そして、壊れても、傷んでも、一生自分で再生産出来るなんて!)
なんだかじんわり、感動。

d0204413_1642036.jpg


そして、関東に大雪が降った今日。ニットカフェには毛塚先生が来て下さいました。
ナチュラルな卵ケースいっぱいに詰まっているのは・・・・
毛塚先生お気に入りの毛糸のポンポン。
ゴムがついていますので髪の毛を結んでもいいですし、バッグのチャームにしてもOK。
ゴムにはアンテイークな鍵、靴、スプーンと言ったモチーフがついていて
とってもお洒落な雰囲気に仕上がっています。

d0204413_16425365.jpg


私が先月から編んでいたエストニア毛糸のリストウオーマーですが、
簡単そうで、実は綺麗に仕上げるにはコツの要る「とじ」を、
毛塚先生にマン・ツーマンでしっかり教えて頂きました。
本を見て、「なんとなく」になっていることって意外と多いもの。
仕上げは作品の良し悪しを決める、大切な分かれ目。
基本の大切さをこう言う時、身にしみて感じます。

d0204413_16431496.jpg


そして、やはり先月からマフラーに挑戦していたHさん。
見事!編み遂げました!
「すくいとじ」が難しそうだったので、何か他の手は無いものか?と
先生とお喋りしている内に、「だったら千鳥縫いは?!」と、先生からのご提案。
早速試して出来上がったのが、縦に縫うグレーのライン。
ナチュラルな雰囲気の中にもモダンさが加わり、ぐっと大人綺麗なマフラーになりました。


来月、3月のニットカフェは30日(金)、31日(土)に開催します。
厚手のコートにもお別れを言う季節。
春のファッションに似合う作品をご一緒に作ってみませんか?
[PR]
by sakkanozakka | 2012-02-29 16:43 | ニットカフェ
24日(金)、29日(水)はSAKKA no ZAKKAニットカフェです!
d0204413_14455994.jpg


先月、第一回目のニットカフェが終わり、次はまだかなあ・・・と、心待ちにされている方も
多いと思いますが、早いもので、第二回目のニットカフェがいよいよ来週となりました!

2/24(金)29(水)10:30-16:30です。

(土曜日に予定されておりました毛塚みどり先生の在店日ですが、先生の体調のご都合で
29日、水曜日に変更となりました。ご了承下さいませ。)

材料は持ち込みとなりますので、お好きな毛糸や編み棒、
また参考となる雑誌がありましたらお持ち下さいね。
もちろん何もかも初めて・・・という方は手ぶらで参加も大丈夫。
ビギナーさん用にシュシュなどのキットをご用意してお待ちしております。

写真は毛塚みどり先生がご用意下さった、クロシェのモチーフのヘアゴムキット。
センターのアクリルビーズが大人っぽい雰囲気を演出してくれます。
一時間ほどで完成するそうですよ!レース針2号をお持ちの方はご用意下さいね!

講師の先生方のご紹介などは、こちらのページを参考になさってくださいね。

※ニットカフェはチケット制(¥1200/1時間)です
参加ご希望の方は当日チケットをご購入下さい
3枚つづり¥3600
10枚つづり¥10800(1回お得♪)
材料や道具はご自身でお持ち下さいね
[PR]
by sakkanozakka | 2012-02-18 14:53 | ニットカフェ
第54回出張工房ワークショップ~トランスパーソナル体験~のおはなし
d0204413_16532556.jpg


「明日は、佐々木染子先生のワークショップかあ・・・」
期待と未知への好奇心がない交ぜになって、心もざわめくワーク前日の黄昏時。

=明日、普段あなたが使用している品を何でも良いので1つお持ちください=

と言う、不可思議なメールが染子先生指令の元、届いたのでした。
一体、何をするの?

毎回、当日にならなければ何をするのか分からない、
佐々木染子先生のミステリーワークショップ。

テーブルの上には、パステル画用のクレヨン、画用紙、スプレイ缶が並びます。

d0204413_16533573.jpg


「先ず、持って来て下さった品物を、他の方に見えないようにして、
この紙袋の中に入れて下さい。」

そう言って、不敵な笑みを浮かべる染子先生。何だかとっても楽しそう・・・。
こうなったらもう言われるがまま。
参加者全員が、染子先生が醸し出すミステリーサークルに
たちまち飲み込まれて行くのです。
ただそれは、嫌ではなく、何故か不思議と心地が良いのです。
普段の生活で、無意識に自分に課している制約や、規則、無用な決め事などから、
やさしく解放されてゆくような気分・・・。

d0204413_16534517.jpg


「これから、自分以外の方の品物を1つ選んで、その品から自分が感じ取った
イメージを自由に描いてみて下さい。あくまでも、その品の形状そのものではなく、
浮かんだイメージ、色、匂い、触感のイメージを描いて下さい。では、始め!!」

私たち大人は言わずもがな。きっと、これまでこんな経験をしたことがなかったのでしょう。
6歳になったばかりの女の子は、じっと染子先生の言葉に耳を澄ませていました。


さて、各々店内に所狭しと散らばって、選んだ袋の中身とご対面です。
目を閉じて品物に触ったまま微動だにしない人。
ごそごそと、手を動かして品物に触れている人。
匂いを嗅いでいる人。
じっとその物を見つめている人。

「感じる」と言う言葉1つとっても、その多様性には目を見張るものがあります。

そして、「感じる」作業を終えた人から誰彼とも無く、机に向かい、
パステルのクレヨンを走らせてみたり、こすって滲ませて見たり・・・。

始め画用紙を前に戸惑っていた先ほどの女の子も、
ある一瞬から心が何らかのシフトをしたのでしょう。夢中で真っ白な画用紙に
きれいな色を走らせ始めました。
すると、まるで虹の国のような世界が画用紙いっぱいに広がって行きます。

d0204413_16535476.jpg


全員の"気持ち時計の針"が「満足」を打った頃、染子先生がフィードバックの場を
整えて下さり、お楽しみの鑑賞会のスタートです。

先ず、どれが自分の持って来た品物の絵なのかを予想します。
次に、1つ1つの絵と品物をマッチングさせるように並べて、描いた本人が
品物から受けた印象と、これらの予想が合っていたかどうかを発表します。

ちなみに、この日テーブルに並んだのは、
鏡、メダイ、ボールペン、素焼きのお家のオブジェ、扇子、ぬいぐるみ、母子手帳、
でした。

どの品がどの絵になったのか・・・・。
こちらをご覧の皆さんには予想、つきますか?

d0204413_1654255.jpg


ちなみに私が選んだ品物は、母子手帳でした。
先ず目を閉じて触った瞬間に浮かんだのは、長い階段のような光景と、
その上にところどころ乗っかっている石のような物体。
そして、真っ暗闇と、時々光り流れる天体。
絵心があればもっと上手く描いたのに・・・と、後悔しきりの、
ドラゴンとユニコーン。それから、何か水水しいもの。涙。

し、しかし・・・。
我ながら・・・・下手くそな絵ですねー。
まあ、仕方がありません。昔から美術の成績は底を打ってましたので。

でも、この絵を見た参加者の方が、
「何だか、その長い階段・・・へその緒に見える」と仰って下さった時には、
逆フィードバックではっとさせられました。
何より、母子手帳を持って来て下さった方ご本人が、
とても喜んで下さったことが嬉しかったです。

恐らくワークショップの間中、絶えず新鮮な刺激が全員の内側を駆け巡っていました。
皆が、人間の目に見えない何かを「感じる」と言う力に驚き、
そして自分自身にもその力が眠っていることを知るきっかけになったことと思います。


染子先生のワークショップは、いつもそうなのですが、結果に関しての
「意味づけ」や、「読み解き」は一切ありません。
でも、その場で得た本人にしか分からない「気づき」や、「発見」は、
他の何にも替えられない宝物です。

回数を重ねて、この頃強く思うことは、
この一人一人の「気づき」は、小さく、緩やかで、微かなものではあるのですが、
それが連続し、また誰かと共鳴連鎖することによって、ある瞬間、
飛躍的な成長の為に背中を押してくれる、大きなパワーになるように思うのです。


この日、一緒に時間を過ごして下さった、
参加者全員に心からの感謝を・・。

また、その機会を設けて下さった染子先生、ありがとうございました。
[PR]
by sakkanozakka | 2012-02-12 15:26
第56回出張工房 合同企画「~紙・創・菓の詩~」展のおはなし
d0204413_1336469.jpg

2/7(火)~2/20(月)10:00-17:00

REN craft×ハチカラニ×サッカノザッカのコラボ第2弾!
合同企画「~紙・創・菓の詩~」展が今週より始まっております。
会場は前回と同様、西荻窪のハチカラニさん、そして国立SAKKA no ZAKKAです。
期間中はREN craftの紙バッグ、ハチカラニさんのお菓子を展示・販売いたします。

d0204413_13361836.jpg


ヨーグルトやサラダのトッピングに、また、ローストしたお肉のソースに添えたりしても
お洒落なハチカラニさんのシリアルは、歯ごたえがあって美味しい!

d0204413_1336306.jpg


前回、本物のキャンバス布地を使った斬新でスタイリッシュなバッグで、
私たちをあっと驚かせてくれたREN craftさん。
今回は、レトロクラシック好きには恐らくたまらない逸品でしょう!
竹久夢二のグラフィックがプリントされた、紙バッグが登場です。

d0204413_13364144.jpg


「紙だけど大丈夫?」そんな質問をお客様から受けることもしばしばですが、
実際に触って見ると、思いの他厚みもあり、しっかりしているのでびっくりします。
底のマチも広いので、普段、荷物の多い方でもご満足して頂けるのではないでしょうか。
毎度のことながら、REN craftさんの芸術的職人魂には脱帽です。

d0204413_13365371.jpg


「ちょっと小腹が空いちゃって・・・」
そんな風に仰りながら、お昼頃になると、お客様がちょこちょこと
ハチカラニさんのお菓子をつまんで行かれます。
朝、丸いトレーいっぱいに乗っていたハチカラニさんのお菓子は、
お客様の「ごちそうさま」の笑顔と引き換えに、今日も「美味しい」を発信中です。
[PR]
by sakkanozakka | 2012-02-10 14:11



国立の雑貨屋さん  SAKKA no ZAKKA   公式ブログ         出張工房のおはなし
by サッカノザッカ
カテゴリ
お店案内
お知らせ
今日のサッカノザッカ
ギャラリー
出張工房
ニットカフェ
アロマカフェ
tembo.の洋裁教室
素敵な作家の皆様へ
Link
SAKKA no ZAKKA
にほんブログ村 国立情報
人気ブログランキング
ファイブ ブログランキング
おはなし工房はリンクフリーです♪Blogをお持ちの当店作家さんからのリンクも大歓迎です!

SAKKA no ZAKKA

Facebookページも宣伝
Twitter
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 04月